[PR]

 ハチベエ、ハカセ、モーちゃん。この名前に親しみや懐かしさを覚える人は、年代を問わず多いのではないだろうか。彼らが活躍する児童文学「ズッコケ三人組」シリーズが誕生から今年で40年を迎えた。作者の那須正幹さん(76)=山口県防府市=に、長きにわたる創作の秘訣(ひけつ)や、作品への思いを尋ねた。

 「3人ぐらいの子どもが活躍する話を書いてほしい」。執筆のきっかけは小学生向け雑誌からの依頼だった。当時のタイトルは「ずっこけ三銃士」。雑誌には1年間連載し、その後ポプラ社(東京都新宿区)から単行本で出版された。

 好評で続編を求められ、書き続けるうちに「ライフワーク」になった。長年にわたり紡ぎ続けた様々なエピソードはどうやって浮かんだのか。

 物語を書いていると「勝手に3人が動いてくれた」。この場面でハチベエはどうするか、ハカセやモーちゃんはどうか。考えるよりも先に手が動いた。

 問題に突き当たっても、子どもたちが自分の頭で考えて行動する。解決に導こうとする大人を登場させないことを意識した。

 ある話では、モーちゃんが好き…

この記事は有料会員記事です。残り1207文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース