[PR]

 18日に選考会がある芥川賞の候補作、北条裕子さん(32)の小説「美しい顔」が波紋を呼んでいる。複数のノンフィクション作品との類似点があったためだが、そのとらえ方をめぐって出版界で議論が続いている。ことわりなき引用は果たして著作権の侵害なのか。文献を参考にする際のマナーと、書き手それぞれの「流儀」のかかわりをどう考えるべきなのか。問題の核はどこにあるのか。

 北条さんのデビュー作「美しい顔」は5月、講談社の群像新人文学賞を受け、「群像」6月号に掲載された。東日本大震災で被災した女子高校生の一人称で、メディアの視線にさらされる思春期の心の揺れや、母の死を受け止めるまでの内面の変化を紡ぐ。

 北条さんは9日、講談社を通じ、「配慮を欠いた」とおわびのコメントを出した。さらに「主人公の目から、あの震災を見つめ直してみたいと思いました。それは小説でなければやれないことでした」とした。

 北条さんが参考にしたのは石井光太さんのノンフィクション『遺体』など5点。掲載前に北条さんが編集部に伝えていたが、参考文献として記載することに対する北条さんの認識も編集部側の確認も足りなかったため、未掲載のまま校了してしまったという。

 講談社が6月末、「群像」8月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら