[PR]

 昨年のノーベル文学賞を受賞した英国人作家カズオ・イシグロさん(63)が3日、ロンドン市内で朝日新聞などのインタビューに応じた。長崎市出身で、原爆を経験した母親を持つイシグロさんは、戦争の記憶を受け継いでいくことが「私たちの世代の責任」と語った。カズオ・イシグロさんとの主なやりとりは次の通り。

 ――原爆について、長崎にいた頃や被爆の経験がある母親からはどんな話を聞いたか

 5歳まで暮らした長崎で、周りがよく「ゲンシバクダン」と言っていたのを覚えている。当時「悪いもの」とは分かっていたが、渡英後の7、8歳ごろ、学校で百科事典を見ている時に、長崎についての項目で原子雲の写真を見て、世界にとって重大な出来事だったのだと初めて知った。

 母に初めて詳しい被爆体験を聞いたのは、大人になって、小説を書き始めた頃だったと思う。最初に書いた短編は長崎の原爆についてだったので、その時によく母と話をした。

 母は原爆で友達を多く亡くしていて、「恐ろしい体験だった」と語っていた。

 あの日、母は飛んできた屋根の瓦でけがをして家で休んでいたため、爆心地近くに行った家族ほどは放射線を浴びなかったようだ。

 短編が雑誌に載ると、母に「記憶を次の世代につないでいくことが大事」と言われた。

 いま考えると、上の世代から若い世代への経験の継承だったのだと思う。どのように世界は間違った方向に行って、どれほど悲惨なことが起きるのか、知ることができた。

 日本でもヨーロッパでも、第2次世界大戦を生き抜いた人たちがどんどん亡くなっている。少なくとも私たちは、第2次世界大戦を生き延びた人たちに育てられた。彼らの話を次の世代に受け継いでいくことは私たちの世代の責任だ。

 ――被爆者が減っていくなかで…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら