[PR]

 芸能事務所のパワハラや過酷な契約を訴えたアイドル2人が、自ら体験したという内容を織り交ぜて演じる創作劇「脱獄女子」が11日から、豊島区のシアターKASSAIで始まる。芸能訴訟に詳しい弁護士が「芸能界の一部にはびこる悪習を伝えたい」とプロデュースした。15日まで。

 2人は言葉乃(ことばの)アヤさん(23)と春野次(はるのつぎ)なつさん(22)。昨年9月まで約2年間、別の芸名で都内の芸能事務所に所属するアイドルグループのメンバーとして活動していたが、事務所との契約で、月給3万8千円から同額のレッスン料を差し引かれて実質無給だった。さらに、5年の契約終了後に、仮に別の事務所に移っても2年は芸能活動を禁じられていたという。

 このため、2人は昨年11月に契約解除の確認などを求めて事務所を提訴。今年5月に和解が成立したのを受け、フリーのアイドルとして活動を再開した。その際、裁判で2人の代理人を務め、芸能訴訟を多く手がける河西邦剛弁護士から「体験を演劇で伝えたらどうか」と薦められ、今回の出演を決めたという。

 創作劇は、河西弁護士が2人か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら