[PR]

 堺市でバイクと車が衝突し、バイクを運転していた男性が死亡する事故があり、大阪府警は、「あおり運転」をして死亡させたとして、車を運転していた堺市南区茶山台2丁の警備員、中村精寛(あきひろ)容疑者(40)を殺人と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、4日に発表した。中村容疑者は容疑を否認しているという。

 交通捜査課によると、中村容疑者は、2日午後7時35分ごろ、堺市南区竹城台1丁の府道で、バイクに自分の車を故意に後ろから衝突させ、バイクを運転していた堺市西区の男子大学生(22)を死なせた疑いがある。バイクは車の前方を走行していたが、中村容疑者は「バイクが前を走っているのは気づいていたが、ぶつかってしまった」と供述している。

 府警は事故が起きた2日、中村容疑者を過失運転致傷容疑で現行犯逮捕。中村容疑者の車のドライブレコーダーなどを解析したところ、中村容疑者の車がバイクに追い抜かれた後、約1キロにわたって、クラクションやパッシングを繰り返しながら追跡し、車の前部がバイクに衝突する様子が映っていた。このため交通捜査課は、殺人容疑に切り替えた。同課は中村容疑者が追い抜かれたことに腹を立ててあおり運転を始めたとみている。

 あおり運転をめぐっては、2017年6月に神奈川県の東名高速で他の車にあおられて停止したワゴン車が大型トラックに追突され、夫婦が死亡。17年11月には愛知県岡崎市の東名高速で男子大学生が急ブレーキをかけるなどのあおり運転をし、後続など5台が絡む事故が起きている。