[PR]

 焼き鳥店チェーン「鳥貴族」の京都市内の店舗で6月、20代の男性店長が女性店員の着替えを盗撮していたとして、運営会社の鳥貴族(本社・大阪市浪速区)が店長を懲戒解雇にしたことがわかった。捜査関係者や同社が明らかにした。処分は6月20日付。同社は被害女性に見舞金1万3千円を払った。京都府警は府迷惑行為防止条例違反容疑で事情を聴いている。

 鳥貴族によると、店長は6月15日、店内の更衣室に自らのスマートフォンを隠し置き、女性の着替えを撮影した。同社の調査に対し、盗撮したことを認めているという。女性は府警に被害届を提出した。

 ツイッターでは、店長の盗撮行為が話題になり、関係者が投稿したとみられる写真も掲載されていた。鳥貴族総務課は「多大なご迷惑とご心配をおかけしておわび申し上げる」とのコメントを出した。