[PR]

 インフルエンザウイルスに感染したマウスの肺の状況を生きたままの状態で観察する方法を、東京大などの研究チームが開発した。致死率の高い高病原性鳥インフルエンザに感染すると、肺内部の血管から血液が漏れ出し、周囲の肺の組織を傷つけていることがわかったという。

 肺は呼吸に伴って動くため顕微鏡の焦点を合わせにくい。チームは、肺を吸引して動きを抑える装置を作り、臓器の深部を観察するのに適している近赤外レーザー光を使った顕微鏡と組み合わせた。また、血液や免疫細胞の一種は蛍光染色した。その上で、オワンクラゲやサンゴ由来の蛍光たんぱく質の遺伝子を組み込んだウイルスをマウスに感染させた。

 高病原性鳥インフルエンザに感染すると、通常の季節性インフルエンザに比べて早い時期から多数の免疫細胞が感染部位に集まってきた。血管からの血液の漏れ出しも多く、肺の損傷が激しかった。

 チームの河岡義裕・東大医科学…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら