[PR]

 5月末、中国雲南省の省都・昆明の駅で、銃を手にした武装警察が行き交う人々をやぐらの上から見下ろしていた。

 2014年3月、昆明駅の駅前広場にいた群衆に男女が切りつけ、31人が死亡、141人が重軽傷を負う事件が発生。当局はウイグル独立派の犯行と断定し、8人の容疑者を射殺するなどした。

 民族対立を背景とするテロなどで治安が悪化するなか、中国当局は警備の態勢と装備を急速に強化している。

 昆明の警察が採り入れた顔認証機能付きの「ハイテク眼鏡」もその一つだ。

 上側のフレームが厚い眼鏡をか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら