[PR]

 自民党が提出した参院定数を6増やす公職選挙法改正案について、参院政治倫理・選挙制度特別委員会は4日の理事懇談会で、6日に委員長の職権で審議入りすることを決めた。自民が強引に改革論議を主導してきたことに加え、自民出身の伊達忠一参院議長が各党協議を打ち切り、野党は反発を強めている。

 「(各党間に)非常に大きな開きがある。意見の取りまとめは困難で、あっせんは非常に難しい」

 4日の参院代表者懇談会。各党が受け入れ可能な改革案を示すなど野党が求めるあっせんを行うことを拒否した伊達氏は、「これで終わります」と述べて協議を打ち切った。

 自民案は、定数を6増やし、比例区に政党が優先的に当選させられる「特定枠」を設ける内容。出席者からは「定数増をせず一票の格差を是正する大枠をはめるべきだ」などと議長の裁定を求める声も上がったが、伊達氏は受け入れなかった。日本維新の会の片山虎之助共同代表は「セレモニーだ。彼は紙を読んでいるだけだ」と記者団に不満をぶつけた。

 この日の代表者懇談会は、自民の求めに応じて委員会審議に入ろうとする伊達氏の裁定に反発した野党が要求。だが、伊達氏の対応は先月14日の前回懇談会と全く変わらず、各党に法案を出すよう求めるばかりだった。

 議長の下での政党間協議が打ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら