[PR]

 祇園を訪れる外国人観光客に交通マナーを覚えてもらおうと、地元の飲食店主らと東山署が4日、交通安全の標語がついた風鈴をお披露目した。風鈴をアピールするため、舞妓(まいこ)2人も参加した。

 つくった風鈴は50個。竹製で京都風のデザインにした。「クルマに注意 ルールを守っておくれやす」と記した短冊がついており、10日に撮影スポットになっているちょうちんにとりつける。SNSでの拡散を狙ったという。

 祇園の中心通りである花見小路通では、撮影を楽しむ外国人観光客が道の真ん中を歩き、車とぶつかりそうになるケースが後を絶たないという。