[PR]

 中国の大手航空会社「海南航空」を傘下に持つ海航集団は4日、王健会長(57)がフランス出張中に転落死したと発表した。同航空をめぐっては、習近平(シーチンピン)国家主席の右腕、王岐山(ワンチーシャン)国家副主席の親族が絡む腐敗疑惑が指摘されていた。インターネット上では死因をめぐって臆測が広がっている。

 海航集団は声明で、王会長が転落して重傷を負い、3日に死去したと短く発表したが、転落した状況など詳しい説明はしていない。一方、ロイター通信は、フランス警察の話として事故の可能性を伝えている。

 腐敗疑惑を指摘しているのは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら