[PR]

 「大会前には、覚悟を持って決めていた」。こう言って、日本代表からの引退を表明した長谷部誠。あのときにはもう、考えが固まっていたのではないか。思い当たる節がある。

 何よりもチームのバランスを重んじ、不和につながるような発言はしない長谷部が、若手への不満を口にしたのは3月上旬。彼にインタビューしたときのことだった。

 「批判覚悟で言えば、日本の若い年代に関しては、ちょっと危機感を覚えている。熱いものは持っているんだけど、それをピッチの上で出せなかったりとか、ちょっと冷めていたりとか」

 当時、日本代表を率いていたのはバヒド・ハリルホジッチ前監督。求めるプレーを選手が体現できなければ、容赦なくユニホームを取り上げた。代表歴の少ない選手たちは指揮官の顔色を常にうかがい、指示された通りのプレーに固執していた。

 このままでは、W杯は戦えない。そう危機感を覚えた主将が、終わりの近づく自分の仕事として、一歩踏み込んだ発言でチームに変化をもたらそうとしたのだと、今は感じる。

 長谷部がキャプテンマークを巻…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら