英の重体男女から神経剤 元スパイ襲撃と同じ種類か

ロンドン=下司佳代子
[PR]

 英南部エイムズベリーで先月30日に40代の男女が意識不明の重体で見つかった事件で、英警察は4日夜、2人が地元の英国人で、神経剤「ノビチョク」にさらされたとみられると発表した。約10キロ南のソールズベリーで3月にロシアの元スパイらが狙われた殺人未遂事件でも、ノビチョクが使われたと英政府は判断しており、警察が関連を調べている。

 英警察によると、エイムズベリーの住宅街で先月30日、44歳の女性と45歳の男性が倒れたと、午前と午後に相次いで消防に通報があった。当初は違法ドラッグの使用が疑われたが、症状に不審点があり、今月2日に2人から採取したサンプルを化学兵器研究施設に送って分析していた。

 3月の事件ではロシアの元スパイとその娘が狙われた。2人は重体になったが5月までに退院し、英政府の保護下で療養している。英政府はロシア側が事件に関与したとみている。

 一方、英警察によると、今回の事件では重体の男女2人が標的にされるような背景は見つかっていない。英メディアによると、2人は3月の事件現場に近いソールズベリーの庭園などへ事件前に立ち寄ったとみられ、警察がこうした場所を封鎖して調べている。(ロンドン=下司佳代子)