[PR]

 堺市で大型バイクが車に追突され、バイクの男性が死亡した事件で、殺人容疑などで逮捕された堺市南区茶山台2丁の警備員、中村精寛(あきひろ)容疑者(40)の車が加速しながらバイクに追突した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかった。中村容疑者が約1キロにわたって「あおり運転」を続け、追突する状況は中村容疑者の車のドライブレコーダーに記録されており、大阪府警が解析している。

 交通捜査課がドライブレコーダーなどを解析すると、大学生の高田拓海(たくみ)さん(22)運転のバイクが中村容疑者の車を追い抜いた直後から、中村容疑者が約1キロ、時間にして約1分間ほかの車両の間をすり抜けるようにしてクラクションやパッシング、急接近を繰り返す様子が映っていた。また車間距離を広げようとしたのか、バイクが速度を上げると、中村容疑者の車はさらに速度を上げて追いかけていたという。

 中村容疑者は2日午後7時35分ごろ、同区竹城台1丁の府道で、バイクに故意に追突し、高田さんを死なせたとして逮捕されたが、「(バイクが)前を走っているのは気づいていたが、ぶつかってしまった」と供述。故意に追突したことは一貫して否定している。

 同課が映像を調べたところ、このまま走行して追突すれば相手が死ぬかもしれないという「未必の故意」があったと判断。その上、中村容疑者が追突の際にブレーキを踏むなど回避しようとした様子もみられないことから、現行犯逮捕の容疑となった自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)から、殺人容疑に切り替えたとみられる。(高木智也)