【ノーカット動画】サッカーW杯日本代表の西野監督と主将の長谷部らが会見=瀬戸口翼撮影
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で16強入りした日本代表が5日、成田空港着の航空機で帰国した。選手やスタッフは、駆け付けた大勢のファンに出迎えられ、手を振って応えた。

 直後に成田市内で記者会見した西野朗監督(63)は「最大の最高のチャレンジに対して、出し尽くした選手たちの姿があった。そういうところはみなさんに伝わったのではないかと思う。本当に素晴らしい選手たちだった」と語った。

 選手の代表として出席し、代表チームからの引退を表明している主将のMF長谷部誠(34)は「出発時のときに比べてたくさんの方が出迎えてくれてうれしかった。この熱気を次の代表チームにつなげていって欲しいと思う」と語った。

 2人と共に登壇した日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は、次期監督について「まだまったくの白紙の状態。技術委員会でしっかり議論した上で早い時期に決めたい」と話した。バヒド・ハリルホジッチ前監督の解任を受け、4月に就任した西野監督も「契約が今月末まで。この任を受けた瞬間からW杯終了までの気持ちだけでやってきた。今は、任期を全うしたという気持ち」と明言を避けた。