全国的に記録的大雨の恐れ 気象庁が警戒呼びかけ

[PR]

 気象庁は5日、今週末にかけて東日本から西日本の広い範囲で記録的な大雨になる恐れがあると発表した。土砂災害や浸水被害、河川の氾濫(はんらん)への厳重な警戒と落雷や竜巻への注意が必要で、担当者は記者会見で「最新の情報を確認しながら、早めの避難を心掛けてほしい」と呼びかけた。

 停滞している梅雨前線に南から湿った空気が流れ込んでいる影響で、5日も各地で大雨になった。同日夕までの24時間降水量高知県石川県沖縄県長野県などで200ミリ以上を観測した。

 また6日午後6時までに予想される24時間降水量は多いところで、東海・四国400ミリ▽関東甲信・近畿300ミリ▽北陸・九州250ミリ▽中国200ミリ▽沖縄150ミリ。8日まで雨が続く地域もある見通しだ。

 政府は5日、各省庁の担当者を集めて今後の対応を協議。小此木八郎・防災担当相は「九州北部豪雨からちょうど1年。大災害を改めて思い出し、対策に万全を期すように」と指示を出した。