[PR]

 環境省は5日、名古屋港飛島ふ頭(愛知県飛島村)のコンテナの中から、強い毒を持つ外来種のアリ「ヒアリ」約20匹が見つかったと発表した。

 環境省によると、コンテナは中国・アモイ港から、先月14日に名古屋港へ着いた。同港鍋田ふ頭(同県弥富市)に荷揚げされ、その後、飛島ふ頭に陸路で運ばれた。今月3日、業者が積み荷を取り出した後、ヒアリを見つけ、同省中部地方環境事務所に連絡し、殺虫処分した。また、搬出した積み荷の周囲でも2匹が見つかり、駆除された。いずれも働きアリで、女王アリはいなかったという。