[PR]

 インターネットは国境のない自由な世界と思われがちだが、実は「見えない国境」に支配されている。中東の民主化運動「アラブの春」で、エジプトのネットが一時的に使えなくなった。トルコではツイッターやフェイスブックがつながらなくなり、昨年、「ウィキペディア」への接続が遮断された。

 政府によるネット遮断は、「サイバー主権」のいったんが顔をのぞかせる瞬間である。自由を理想としていたはずの米国でも、スノーデン事件でネットが国家の監視下にあることが暴露された。

 中国は、国家によるネット管理の象徴といえる存在だ。中国版LINE「微信」(ウィーチャット)は、利用者の情報を当局に送信する趣旨の規約への同意を求める。政権に都合の悪い情報へのアクセスは封じられ、フェイスブックなどにも接続できない。

 政府のネット検閲システムは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら