[PR]

 81年前の7月29日、中国・北京近くの小都市・通州で、日本人と朝鮮人の居留民200人以上が中国人部隊の保安隊に殺害された。「通州事件」は当時、日本国内の反中感情をあおり、軍部への支持を決定づけたと言われる。いまも「中国人による残虐行為」として右派に言及されるが、肉親を亡くした姉妹は「憎しみをあおり立てるのは意味がない」と語る。

 櫛渕久子さん(90)=大津市=と鈴木節子さん(84)=東京都足立区。開業医をしていた父・鈴木郁太郎さん(当時35)と看護師をしていた母茂子さん(同31)、妹の紀子さん(同1)が事件で殺された。

 節子さんは当時3歳。後から聞いた話では、住み込みで仕事をしていた中国人看護師の可鳳岐(コーフォンチー)さんが保安隊に手をかけられた節子さんを「私の子です」と言って奪い返し、命がけで守ってくれたという。

 可さんと手をつなぎ、何日も身…

この記事は有料会員記事です。残り1250文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1250文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1250文字有料会員になると続きをお読みいただけます。