[PR]

 オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら計7人の教団元幹部の死刑が6日、執行された。死刑囚の弁護人らの間には衝撃が広がった。

 一審段階で松本死刑囚の弁護人を務めた小川原(おがわら)優之(ゆうじ)弁護士は「心神喪失の疑いが指摘されており、十分解明されるまでは執行するべきではなかった。死刑の廃止は、国際的な流れだ。国内でも、死刑制度をどうするべきか、議論を深めるべきだ」と話した。

 中川智正死刑囚(55)の弁護人を務める前田裕司弁護士は「即時抗告中の再審請求についてどう闘っていくか、3日前に本人から手紙が来たばかりだった。まだまだ執行はないと思っていたが……」と声を失った。

 被害対策弁護団事務局長を務め…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら