[PR]

 タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に閉じ込められている少年ら13人の救出活動中、元海軍特殊部隊の男性ダイバー(38)が死亡したと6日、タイ国軍が発表した。潜水中に酸素がなくなったという。軍は少年らに潜水技術を教え、洞窟内を潜らせて救出しようとしているが、今回の死亡事故でこの救出方法への危険性を指摘する声が高まっている。

 軍によると、男性ダイバーは6日午前1時ごろ、洞窟内の少年らのいる場所まで空気ボンベを運ぶ作業をしていたが、水のない場所で息をしていないことに同僚が気づいた。ボンベの空気はなくなっていた。軍幹部は6日、報道陣に「救出作業は非常に過酷だ。洞窟の外から少年らのいる場所に続く新たな道を見つけるなど、別の方法も急いで進めている」と話した。

 少年らは洞窟の入り口から約5キロ奥で助けを待っている。入り口から2キロまでは水位が数十センチだが、そこから先は3メートルの水深の場所もあるという。軍は少年らに特殊部隊員が付き添い、水に潜りながら外に連れ出す方法を検討しているが、今回の事故を受けて見送る可能性もある。

 現地では8日以降に大雨が予想されており、救出活動はより困難になる恐れがある。(チェンライ=染田屋竜太)