[PR]

 西日本各地で続く大雨で、昨年7月の九州北部豪雨で大きな被害が出た福岡県朝倉市と東峰村、大分県日田市でも、土砂災害の恐れが高まったとして、6日昼ごろに避難指示が発令された。

 避難指示の対象は、朝倉市が計8地区の4363世帯1万1221人、東峰村は全域の871世帯2153人、日田市は計13地区の1万1534世帯2万8889人。