ザ・ビートニクスが新作 「きたきたきた」と思う瞬間

有料会員記事

坂本真子
【動画】高橋幸宏と鈴木慶一、最高傑作の呼び声に「心外だなあ」=戸田拓撮影
[PR]

 高橋幸宏鈴木慶一による「ザ・ビートニクス」が7年ぶりに新アルバムを出した。1981年の結成から37年。ロックやポップ、テクノ、ニューウェーブなど2人が聴いてきた音楽の要素をちりばめた、集大成のような作品だ。

 アルバムの題名は「EXITENTIALIST A XIE XIE」(エキジテンシャリスト・ア・シェー・シェー)。87年の作品名をもじり、赤塚不二夫さんの漫画に登場する「イヤミ」が驚いたときの「シェー!」や、今まで聴いてきた音楽への感謝を込め、中国語の「ありがとう」から名付けた。

 昨春、赤塚さんの生誕80周年記念ライブに出演。そのために2曲作って録音したのを機に、アルバム制作に本腰を入れた。「あと7~8曲作ればアルバムになる。前作で1日1曲必ずできることを確認できたので、いけんじゃないの、という話になった」と鈴木。

 今回初めて試したことがある…

この記事は有料会員記事です。残り367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。