【動画】サッカー日本代表の本田圭佑選手が大阪府庁を訪れ、松井一郎知事に大阪北部地震に対する義援金を手渡した=楢崎貴司撮影
[PR]

 サッカー日本代表で、大阪府摂津市出身の本田圭佑選手(32)が6日、大阪府庁を訪れた。ワールドカップ(W杯)ロシア大会を終え、前日に帰国したばかり。松井一郎知事に代表メンバーらで集めた大阪北部地震の被災者への義援金を手渡した。

 地震が起きたのは、日本代表の初戦となるコロンビア戦の前日。本田選手は「ロシアでも心配していて、とくに大阪出身の選手たちはすごく心配していたので、少しでも(被災地に)元気を届けられたらという思いがあった」。

 代表メンバーにはセレッソ大阪やガンバ大阪に所属するなど大阪ゆかりの選手も多い。ほかのメンバーとともにロシア滞在中に義援金を集めたという本田選手は、「少しでも足しにしていただければ」と語った。

 本田選手は2025年万博の大阪誘致で、外務省の「万博誘致特使」にも就任している。この日は、万博誘致を盛り上げることも目的に、府庁を訪問。「名前だけ貸すのはあまり好きではないので、何かしら貢献できることをやりたい」とも。誘致合戦でも、格上のコロンビア相手に果たした「金星」なるか。(佐藤恵子)

関連ニュース