[PR]

 6日午後2時半ごろ、JR筑肥線の浜崎(佐賀県唐津市)―鹿家(しかか)(福岡県糸島市)間で、西唐津発福岡空港行きの上り快速列車(6両編成)の最後尾の車両が脱線した。乗客は乗っておらず、運転手と車掌にけがはなかった。

 JR九州によると、走行中に運転手が前方に線路への土砂の流入を見つけ停止。状況を確認していたところ、最後尾の車両から大きな音がして、確認すると脱線していたという。車両に土砂がぶつかった可能性があるが、詳しい原因は今後調べる。西唐津―肥前深江間で運転を見合わせている。

 復旧作業は天候の回復を待って行う方針。天候次第では明日以降の運行に影響が出る可能性があるという。