【動画】桂川が氾濫した京都・嵐山の渡月橋周辺や、土砂崩れが起きた大阪府高槻市などの様子=依知川和大撮影
[PR]

 「桂川沿いの危険性が高い。長時間の降雨で堤防は弱くなっている。細心の注意をしてほしい」

 国土交通省近畿地方整備局の中込淳・河川部長は6日夕、緊急会見を開き、京都府を流れる桂川上流にある日吉ダム(同府南丹市)の貯水量がほぼ満杯となり、放流量が毎秒約1千トンとなっていると明らかにした。放流量が上がれば、桂川の水位がさらに上昇するため、下流域の住民らに注意するよう訴えた。

 その桂川にかかる京都・嵐山の観光名所、渡月橋(約150メートル)。雨の影響で5日午後から通行止めが続いているほか、桂川に近づかないよう、規制線も張られている。一時水位が下がった6日朝、近くの温泉旅館「嵐山辨慶(べんけい)」の前には流されてきた小魚もあちこちにいた。清掃していた川越美也(みや)さん(72)は「水がこんなところまでくるなんて」と驚いていた。

 京都では増水によるとみられる死者も出た。京都府警によると、同府亀岡市畑野町千ケ畑の大路次川(おおろじがわ)で、水没している車が6日未明に見つかり、消防団員が約1・5キロ下流で遺体を発見。亀岡市の瀧上さち江さん(52)と確認された。瀧上さんは、車で亀岡市の実家に向かう途中で濁流に巻き込まれたとみられる。

 京都市左京区吉田神楽岡町では6日午後2時半ごろ、住宅裏の斜面が高さ約10メートル、幅約20メートルにわたり崩落。石や樹木が住宅にぶつかり、窓ガラスを割って土砂が屋内に入った。近くに住む男子大学生(23)は「こんなことは初めて。避難も考えなければ」。