[PR]

 6日に死刑を執行された松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)が、遺言を残していなかったことが関係者への取材でわかった。所持品のなかには遺書もなかったという。

 関係者によると、法務省は死刑の執行前に、所持品の処分法や遺言などを死刑囚から聞き取る。遺言を残す死刑囚もおり、その内容は「死刑執行速報」と呼ばれる文書に記録されることになっているという。