[PR]

 子どもにいろんな絵本を読ませたい。そう考える親は多いが、本選びはなかなか難しい。書店に置いてあるのは、人気作品が大半で、すでに自宅にあるものも。図書館に行くと、今度は書棚に並ぶ膨大な本を前に、どれを選べばいいのかわからなくなる。良かれと思って用意した本が子どもの好みに合わない……。そんな悩みに応えようと、凸版印刷が7月から子どもの個性にあった絵本を選び、自宅に届けるサービスを始めた。

     ◇

 サービスの名は「conoco terrace(コノコテラス)」。早稲田大学教育・総合科学学術院の本田恵子教授(教育心理学)とともに、子どもの知性を「視覚・空間」「音楽・リズム」「内省」「論理・数学」など八つに分類した「脳力指標」を開発。専用サイトで子どもの行動パターンに関する質問に回答すると、子どもの知性の特徴を診断。この結果に基づいて、その子に合わせた絵本が自宅に届く。3歳から5歳の子どもが主な対象だ。

 絵本で理解したことを日常の場…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも