[PR]

 W杯には、欧州チャンピオンズリーグ(CL)と関連するデータがある。W杯の開催年にレアル・マドリード(スペイン)が欧州CLを制すると、レアル所属選手の誰かがW杯でも必ず優勝するのだ。レアルがCL3連覇を達成した今年はどうなるか。

 過去にW杯と欧州CLの「2冠」を達成したレアルの選手は、1998年フランス大会のMFカランブー(フランス)、2002年日韓大会のDFロベルトカルロス(ブラジル)、前回14年ブラジル大会のMFケディラ(ドイツ)の3人だ。

 今大会の4強では、フランスとクロアチアにレアルの選手がいる。フランスのDFバランは、6日の準々決勝ウルグアイ戦で先制ゴールを奪う活躍を見せた。クロアチアには、レアルでも攻守の要を務めるMFモドリッチと、MFコバチッチがいる。

 さらに過去3回の「2冠」をつぶさにみると、W杯優勝チームにいたレアル所属選手は、それぞれ1人だけだった。この法則からすれば、フランスが1998年自国大会以来、2度目の優勝を果たすことになる。(勝見壮史)

こんなニュースも