大雨による被害が各地で発生していることを受け、宮内庁は7日、天皇、皇后両陛下が9~10日に予定していた静岡県への私的旅行を取りやめたと発表した。8日に東京都内で予定していたチェロ公演の鑑賞も取りやめた。

 同庁幹部によると、両陛下は大雨による被害を案じており、関係機関が対応に忙殺されていることから「訪問により関係者の手を割くことは適切ではないとのお考え」だという。被災状況が明らかになった段階で、侍従長を通じて被災地の知事にお見舞いの気持ちを伝える考えだという。(多田晃子)