[PR]

 タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟で、閉じ込められている少年ら13人が洞窟に入ってから、2週間が経った。タイ国軍などでつくる救助隊は救出方法を模索しているが、洞窟内にたまった水や複雑な洞窟の構造などに阻まれ、はっきりとした見通しが立っていない。

 救出活動を続けるタイ海軍は7日、洞窟の奥で助けを待つ少年12人と男性コーチ(25)が家族に向けて自ら書いた手紙を公開した。「心配しないで」「僕の誕生日会することを忘れないで」「出られたら毎日店の手伝いするからね」などと、それぞれの思いがつづられている。

少年から家族へのメッセージ

 チャニン・ウィブンロンルアン君(11)「お父さん、お母さん、僕のことは心配しないで。フライドチキンを用意しておいて。愛してるよ」

 ソンポン・ジャイウォン君(13)「お父さん、お母さん、愛してるよ。心配しないで。無事だから。みんな愛してます」

 ピパッ・ポーティ君(15)「お母さん、お父さん、愛してるよ。弟も。もし出られたら、豚のグリルをちょうだいね。お母さん、お父さん、弟、愛してるよ」

 モンコン・ブンピアン君(13)「お母さん、元気にしてますか。僕は平気だから、先生に伝えておいてね」

 パヌマー・セーンリー君(13)「僕のことは心配しないでね。みんなに会えなくて寂しいです。おじいちゃん、おばさん、お母さん、お父さん、兄弟たち。みんな愛してます。僕は洞窟の中でハッピーにしてるよ。救助チームはよくしてくれている。みんな愛してます」

 ドゥアンペット・プロムテップ君(13)「僕は平気です。ちょっと寒いくらいかな。でも心配しないで。とにかく、僕の誕生日会をすることは忘れないで」

 アドゥル・サムオン君(14)「僕たちのことは心配しないで。みんなに会えなくて寂しい。早く帰りたいです」

 ピーラパット・ソムピエンチャイ君(16)「お父さん、お母さん、兄弟のことを愛してます。僕のことは心配しないでね。みんな愛しているよ」

 ナッタウット・ターカムサーイ君(14)「お父さんとお母さんに会えなくて寂しい。お父さん、お母さん、愛しているよ。僕のことは心配しないで」

 プラジャック・スタム君(14)「僕は無事です。心配しないで。お父さん、お母さん、みんな愛しています」

 エカラット・ウォンスッチャン君(14)「お父さん、お母さん、僕のことは心配しないで。もう2週間もたってしまったけど、出られたら毎日店の手伝いするからね。急ぐよ」

 ポーンチャイ・カムルアン君(16)「僕のことは心配しないで。お父さん、お母さん、兄弟、そして家族全員、幸せでいてね」

 男性コーチのエーカポン・チャンタォンさん(25)「子どもたちは平気です。(救助)チームはよくしてくれています。(子どもたちの)ご両親に感謝するとともにおわびいたします」

 「おじさん、おばあさん、私は平気です。心配しすぎないで下さい。体に気をつけて。ナムプリックキャップムー(揚げた豚にチリソースをつける地元の食べ物)を用意しておいて。出ていったら食べるから。愛しています」

こんなニュースも