[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念山梨大会(朝日新聞社、県高野連主催)の1、2回戦計3試合が8日、甲府市の山日YBS球場であり、昨年優勝の山梨学院と日大明誠がともに相手を無得点に抑えて五回コールド勝ち。甲府西は好機を確実に生かして甲府南との接戦を制した。10日は山日YBS球場で3試合、富士吉田市の北麓(ほくろく)球場で2試合の2回戦計5試合が予定されている。

競い合ったライバルへ感謝 甲府南 中村駿投手

 「立ち上がりを丁寧に投げ、前半を無失点で切り抜けよう」

 甲府南の先発、中村駿投手(3年)はそう言い聞かせてマウンドに上がった。先頭打者を四球で出したが、後続を打ち取り、三回までを無安打に抑える好投を見せた。

 昨秋、練習中に左足を骨折した。思うように練習できない日々。春の大会では角田翼投手(3年)がエース番号を背負った。角田が力投する姿を見て自らを鼓舞し、練習に励んだ。

 「中村には気持ちの強さがある。角田がいる安心感で良い投球ができるはず」。佐野大輔監督は最後の大会、再び中村にエース番号を背負わせた。

 「しっかり準備してるから。正々堂々と投げてこい」。試合前、角田から声をかけられ、「最初から飛ばすからよろしく」と応じた。

 味方が1点を先取して迎えた四回、2四球で2死一、二塁のピンチ。次打者に投じた3球目を右翼線にはじきかえされ、試合は振り出しに戻った。七回には1死一、三塁から適時打で勝ち越され、角田との交代を命じられた。守備変更で左翼に向かうとき、「いつもピンチのときに代わってごめんな」と角田に声をかけた。

 3点を追う九回、1死二塁の好機に打席が回ってきた。しかし、内野ゴロに終わった。「角田といいライバルでいられて良かった」。悔しさが募る中、競い合った仲間への感謝の言葉を口にした。(市川由佳子)

こんなニュースも