【動画】倉敷市真備町で続く救出活動=井手尾雅彦撮影
[PR]

 岡山県警によると、大規模に冠水した同県倉敷市真備(まび)町で少なくとも男女4人の遺体が見つかったという。県警は、死因が今回の災害によるものか調べる。

 岡山県災害対策本部によると、真備町地区では、まび記念病院や公民館、住宅などに8日午前時点で少なくとも1千人が孤立しており、救助活動が進んでいる。真備町地区では住宅が約9千戸あるが、倉敷市はほぼ半数が今回の冠水で被災したとみている。

 同県笠岡市によると、同市内でも70代の男性が自宅付近で亡くなっているのが発見された。溺死(できし)とみられるという。

 今回の大雨での岡山県内の死者はこれで8人になった。内訳は倉敷市4人、笠岡市3人、井原市1人。行方不明(安否確認中を含む)は7人となっている。

関連ニュース