[PR]

 今春に大阪府の中学を卒業したばかりの結城海斗投手(16)が8日、同府河南町で記者会見を開き、大リーグのロイヤルズとマイナー契約を結んだと発表した。日本人選手の大リーグ球団との契約では史上最年少。「はじめは甲子園を目指していたんですが、甲子園よりアメリカで野球をやりたいという思いが強くなりました」と語った。

 結城投手は身長188センチ、73キロで右投げ右打ち。最速144キロでスライダー、スプリット、カーブを投げる。大リーグ・カブスのダルビッシュは羽曳野市立峰塚中学の先輩で、あこがれの存在だ。中学時代は硬式の河南シニアでプレーし、シニアリーグの日本代表にも選ばれた。昨夏に米国での国際大会に出場し、大リーグにあこがれを持つようになったという。

 中学卒業後も河南シニアで練習し、「全然しゃべれない」という英語の勉強にも励んできた。同シニアの福田正穂監督(70)は「誰とでも仲良くできる明るい性格。その点では心配はしていない」と評した。

 会見に同席したロイヤルズの大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも