[PR]

 来日しているポンペオ米国務長官は8日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の最側近、金英哲(キムヨンチョル)党副委員長との会談で、朝鮮戦争で行方不明になった米兵の遺骨返還をめぐる実務協議を、今月中旬に板門店で開くことで合意したと明らかにした。北朝鮮側が「ミサイルのエンジンを実験する施設を解体することも約束した」と強調した。

 東京都内で開かれた日米韓外相会談後の共同記者会見で明らかにした。ポンペオ氏は6、7の両日に訪朝し、北朝鮮側と非核化などを話し合う高官協議に臨んでいた。

 ポンペオ氏は、北朝鮮の前向きな姿勢に触れる一方で、「完全に検証された最終的な非核化」を達成するまでは「力強い制裁を続ける」とも語り、圧力を緩めない考えを示した。

 北朝鮮外務省がポンペオ氏との会談後、「米側の態度と立場は実に遺憾だった」との談話を発表したことについては、「北朝鮮側は誠実だった」と強調。北朝鮮が非核化への具体的な行動をとれば、米国として体制保証を進めていくことを明らかにした。米政府高官は、朝日新聞の取材に、「北朝鮮との会談は雰囲気は良く、具体的な進展があった」と語った。

 米メディアや専門家の間では、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも