[PR]

 プロ野球広島は9日からマツダスタジアムで予定していた阪神との3連戦を中止すると8日、発表した。広島でも甚大な被害が出た西日本豪雨のため。振り替え試合については現在未定という。この中止に伴う入場券の払い戻しは9日午前11時から、マツダスタジアム正面三塁側窓口などで行う。

 8日の巨人戦後、緒方監督は「まだまだ行方不明の方がいるなど落ち着いた状態になっていない」と被災者を気遣った。鈴木球団本部長は「球場に問題はないが、こういう災害なので、試合を盛り上げていく状況ではない」と話した。

 球団のコメント全文は以下の通り。

 今回の西日本を中心とした豪雨による災害におきまして、被災された皆様にお見舞い申し上げます。これまで地域と共に歩んできた広島東洋カープといたしましては、このような甚大な被害により、多数の犠牲者が出ている中で試合を行っていいものか十分に検討した結果、明日からの阪神戦を中止する決断をいたしました。

 楽しみにしてくださっていたお客様には、大変申し訳ございませんが、このような判断にいたったことをご理解いただきたくおわび申し上げます。

 そして被災された地域の一日も早い再建と復興を、心からお祈り申し上げます。

杵渕和秀セ・リーグ統括の話

 「今日(8日)、広島球団から申し入れがあった。被害状況もあり、交通も復旧の見通しが立っていない。やむを得ない」