【動画】続く捜索活動 線路、道路は寸断/広島・安芸郡=井手尾雅彦撮影
[PR]

 停滞した梅雨前線の影響で西日本各地に被害を与えた記録的な大雨で8日、高知県や岡山県で新たな被害が確認された。大雨特別警報はすべて解除となったが、13府県で81人が死亡、3人が重体、行方不明や連絡が取れない人は87人となり、被害者の数は増え続けている。

 朝日新聞のまとめでは、台風7号が九州に接近した3日以降、8日午後7時半時点の府県別の死者は広島36人、愛媛19人、岡山13人、山口と京都各3人、福岡2人、岐阜1人、滋賀1人、兵庫1人、高知1人、佐賀1人。行方不明などは広島47人、岡山22人、愛媛7人など少なくとも計87人。重軽傷は計51人。

 大規模に冠水した岡山県倉敷市真備(まび)町では8日午後、新たに15人の行方不明情報があることが県警への取材でわかった。家族から「連絡が取れない」などとの相談があり、安否確認を進めた。

 県災害対策本部によると、真備町では8日午前の時点で冠水した住宅や建物に1千人が取り残された。現場の水際では、孤立していた人の救助活動が進められた。

 高知県大月町内の県道では8日午前、土砂崩れが発生。当時、現場付近を車で走っていた男性と連絡が取れなくなった。巻き込まれた可能性があるという。

 土砂崩れによる死者が出た愛媛県宇和島市。8日は朝から断続的に強い雨が降ったため、慎重な捜索活動となった。

 広島県内では、熊野町の住宅地で新たに少なくとも12人の行方不明者がいることがわかり、捜索が続いた。福山市で7日夜にため池が決壊して近くの女児(3)の行方がわからなくなっていた事故では、この女児が8日午後に遺体で発見された。

 気象庁は数十年に一度の重大な災害が予想される「大雨特別警報」を6日から8日にかけて計11府県に出した。8日に同警報が出ていた岐阜、高知、愛媛についてはいずれも同日午後、解除された。

 気象庁によると、8日午後6時までの24時間雨量は高知県宿毛市383・5ミリ、岐阜県下呂市237・5ミリ、鹿児島県さつま町193ミリなど。9日の中国・四国地方は湿った空気の影響で雲が広がる見込み。

     ◇

 広島県は8日までに、記録的な豪雨による土砂崩れなどで死亡が確認された12人の氏名などを明らかにした。

 【広島市】

 安芸区矢野東6丁目、会社員五反田奈美さん(40)▽南区丹那町、パート調理員松田陽子さん(57)▽安佐北区口田南3丁目、無職浦元ゆり子さん(71)▽同区口田南5丁目、無職片山恵子さん(70)▽同、介護士、片山統子さん(46)

 【呉市】

 天応大浜1丁目、会社員河原里美さん(39)▽音戸町早瀬2丁目、無職田中健真さん(67)

 【福山市】

 新市町宮内、会社員桑田憲治さん(67)

 【東広島市】

 西条町下三永、無職木和田ちず子さん(70)▽同、無職木和田洋子さん(45)

 【府中市】

 木野山町、無職平田安子さん(96)

 【安芸高田市】

 高宮町川根、無職宮根和彦さん(59)

関連ニュース