[PR]

 東京電力福島第一原発事故当時18歳以下だった約38万人を対象にした福島県の甲状腺検査をめぐり、検査でがんと把握されていないがん患者が少なくとも11人いることが、8日、福島市であった県の検討委員会の部会で報告された。

 県の検査を受託する福島県立医大によると、同大病院で2011年10月~17年6月に甲状腺がんの手術を受けた人を調べたところ、県の検査で「がんまたはがんの疑い」としては集計されていない人が11人いた。検査で経過観察と判断された人が7人のほか、検査を受けていなかった人などもいた。内訳は男性4人、女性7人。事故当時0~4歳1人、5~9歳1人、10~14歳4人、15~19歳5人。

 県の甲状腺検査では11年10月~今年3月に計162人ががんと診断されている。しかし、検査で経過観察と判断され、その後がんが判明した患者が集計から漏れているとの指摘が昨春、市民団体からあり、検討委が調べるとしていた。検討委部会長の鈴木元(げん)・国際医療福祉大クリニック院長は「いろいろな方法で全数を把握していくのが重要だ」と話した。(奥村輝)