[PR]

 若手芸人の登竜門、第39回ABCお笑いグランプリ(朝日放送テレビ主催)の決勝が8日、大阪市であり、ファイヤーサンダー(ワタナベエンターテインメント所属)が優勝、賞金100万円を獲得した。

 大阪府茨木市出身の藤田崇之さん(30)と、和歌山県日高町出身の崎山祐さん(27)が2014年に結成したコンビ。意外な展開を見せるコントで笑いをとり、栄冠を手にした。2人は「昔から見ていた大会で優勝できて本当にうれしい」と喜びを語った。

 グランプリにはデビュー10年以内の芸人ら570組がエントリー。予選を勝ち抜いた12組がこの日の決勝を戦った。

こんなニュースも