[PR]

 西日本高速道路(NEXCO西日本)は8日、広島市と呉市を結ぶ広島呉道路(クレアライン)の坂南インターチェンジ(IC)―天応西IC間の土砂崩れにより道路が崩落した、と発表した。現場は坂南ICから約1キロ南側で、道路横の斜面から崩落した土砂が、西側を通るJR呉線の線路や国道31号まで流出しているという。

 西日本高速道路によると、土砂崩れは約30メートルにわたっており、復旧には時間がかかる見込みという。

 広島呉道路は6日夕から全線で通行止めになっていた。このほか、呉市に至る国道31号、国道185号、国道375号も冠水や土砂崩れなどにより通行止めが続いており、いずれも復旧のめどがたっていない。