[PR]

 横浜市神奈川区の大口病院(横浜はじめ病院に改称)で2016年9月、入院患者2人が相次いで中毒死した事件で、うち1人の男性(当時88)の血液中からは、中毒死の原因となった消毒液の成分が高濃度で検出されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 神奈川県警は、同病院の看護師だった久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)=横浜市鶴見区、この男性への殺人容疑で逮捕=を9日午前に送検。多量の消毒液を一気に混入させたとみて、その方法を詳しく調べている。

 神奈川署特別捜査本部によると、久保木容疑者は16年9月18日午後3時~4時55分ごろ、西川惣蔵(そうぞう)さん=横浜市青葉区=の体内に消毒液を混入させ、殺害した疑いがある。西川さんは同日午後4時50分ごろから心拍数が低下し、午後7時に死亡が確認された。

 捜査関係者によると、司法解剖の結果、西川さんの血液中からは、消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が高濃度で検出された。西川さんは死亡前に点滴を受けていたが、消毒液が混入された点滴を時間をかけて少量ずつ投与されたのではないとみられるという。

 一方、西川さんの死亡から2日後には、同室に入院していた八巻信雄さん(当時88)=横浜市港北区=が死亡し、血液と点滴から界面活性剤の成分が検出されていた。久保木容疑者は逮捕前の任意の調べに対し、八巻さん殺害も認めているといい、県警は関連を調べている。(山下寛久、伊藤和也)