映画「砂の器」やテレビ時代劇「大岡越前」で知られた俳優の加藤剛(かとう・ごう、本名・剛=たけし)さんが6月18日午前10時11分、胆囊(たんのう)がんで死去したことが9日わかった。80歳だった。所属する俳優座が発表した。葬儀は家族で営んだ。お別れの会を9月22日、東京都港区六本木4の9の2の俳優座劇場で予定している。

 1961年、早稲田大学文学部(演劇)卒業。俳優座の養成所を経て64年、入団。デビューは62年のテレビドラマ「人間の条件」だった。代表作は70年から99年まで続いた「大岡越前」(TBS)。犯罪にはクールに、人間には温かい名奉行ぶりで人気を博した。NHK大河ドラマでは「風と雲と虹と」(76年)、「獅子の時代」(80年)で2度主演した。

 松本清張原作の映画「砂の器」(74年)では、冷徹さの裏に苦悩を隠し持つ天才音楽家を演じ、映画をヒットに導いた。平和問題への関心が高く、木下恵介監督の「この子を残して」(83年)では、放射線医学の研究者で自らも長崎で原爆に被爆した永井隆博士を誠実に力演した。他の映画出演作に「上意討ち―拝領妻始末―」「影の車」「忍ぶ川」「新・喜びも悲しみも幾歳月」などがある。

 俳優座を代表する俳優の一人として舞台に立ち続けた。80年代から上演された「波」「門」「心」の「わが愛」3部作に主演。95年には強制収容所のガス室に消えたポーランド人医師を描いた「コルチャック先生」に、99年には「伊能忠敬物語」に主演した。14年には「先生のオリザニン」で次男の頼(らい)さんと共演していた。

 紀伊国屋演劇賞(79、92年)、芸術選奨文部大臣賞(92年)など受賞多数。08年に旭日小綬章を受けた。

非の打ちどころがない

 ともに俳優座養成所の出身で、明治座公演「大岡越前守」で共演したこともある女優の長山藍子さん(77)は朝日新聞の取材にこう語った。

    ◇

 「剛ちゃん」と呼ぶほど仲良しでしたけど、肩パッドを外した方がいいんじゃないかなあ、と思うほど真面目なところもありましたね。何事にも一途でひたむき。しかもインテリでハンサムで非の打ちどころがないのです。

 でも、温かいユーモアもありました。その人の身になって演じる、ということが俳優には求められているのですが、剛ちゃんの場合は、大岡越前守だったのではないでしょうか。「勧善懲悪」に照らしつつ、論理だけではなく情の厚さも加わる、あの「大岡裁き」。思わずうなってしまった人は多いでしょうね。剛ちゃんだからこそ演じることができたのだと思います。

懸命で、高潔な人

 映画などで共演した俳優栗原小巻さんは、朝日新聞の取材に、こう語った。

     ◇

 昨晩、悲報に接し、めまいがいたしました。動揺しています。映画「忍ぶ川」など、多くの共演作を思い出しました。彼はとても知性的で、懸命で、高潔な人でした。撮影などの合間でも、監督や私たちと作品の内容について熱心に語り合った姿が目に残っています。人柄も画面や舞台の中の彼そのままでした。2年前でしたか、息子さんと共演した舞台の楽屋でお話ししたのが最後でした。俳優座でキャリアを重ねただけに、映画もテレビも舞台も、その活動の根本には、舞台人としての誇りがあったのだと思います。