[PR]

 気象庁は9日、九州北部と中国、近畿、東海、北陸の各地方が梅雨明けしたとみられると発表した。記録的な豪雨をもたらした梅雨前線は9日までに活動を弱め、これらの地方では今後1週間程度は晴れや曇りの日が多くなり、真夏日となる地方が少なくないという。

 昨年と比べると、九州北部と中国、近畿は4日早く、東海は6日、北陸は24日早い。平年より九州北部は10日、中国と近畿、東海は12日、北陸は15日早い。