[PR]

 気象庁によると、西日本は10日以降も高気圧に覆われ、広い範囲で晴れる見込みだ。9日に梅雨明けしたとみられる近畿、中国地方では、週末にかけて35度以上の猛暑日になる所もある。

 熱中症を予防するには、こまめな休憩や水分補給が大切で、西日本豪雨のため避難先で生活している人や、がれきの撤去作業にあたる人などは注意が必要だ。10日の最高気温は、高知市や神戸市で32度、広島市や岡山市、松山市で33度と予想されている。

 気象庁は、大雨が降った地域では地盤がゆるんでいる場所があり、引き続き土砂災害を警戒するよう呼びかけている。(石倉徹也)