[PR]

 大相撲名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)2日目の9日、付け人に暴力を加えて出場停止処分を受けた貴乃花部屋の元十両・貴公俊(たかよしとし)が幕下で復帰。再出発の土俵で白星をつかんだ。

 午後1時過ぎ、大いちょうでなく、ちょんまげを結った貴公俊が土俵に上がった。「なつかしい感じがした」。琴欣旺(こときんおう)を寄り切りで破ると、大きな拍手が。「変わらず応援してくれているんだなって」。ほっとした表情を浮かべた。

 付け人を殴ったのは十両だった今年3月の春場所8日目。翌9日から休場し、5月の夏場所は出場停止処分で出られなかったため、番付は西幕下49枚目まで降下した。6月には大阪府警から傷害容疑で書類送検され、後に不起訴処分(起訴猶予)となった。

 いま、部屋では若い衆とともに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら