【動画】西尾維新さんの物語世界を紹介する「西尾維新大辞展」=福野聡子撮影
[PR]

 人気作家ながら詳しいプロフィルや写真を公表していない西尾維新(にしおいしん)さん(1981年生まれ)の人物像や物語世界を紹介する「西尾維新大辞展~京都篇(きょうとへん)~」(朝日新聞社など主催)が、京都市中京区の京都文化博物館で開かれている。素顔を明かしたくない覆面作家のあれこれを、目に見えるように展示する。いったいどんな展覧会なのだろう。

 「どうやって展覧会をやるつもりだい?」

 西尾さんの小説を出版している講談社の担当者は、西尾展の企画を社内で持ちかけたところ、上司から差し戻されそうになった。

 京都文化博物館学芸員の森脇清隆さんも、頭を抱えた。パソコンで書く作家だから、推敲(すいこう)の跡がわかる直筆原稿がない。万年筆や灰皿といった小説家らしい愛用の品もない。書斎で撮った写真もない。

展覧会の定石を超えて

 「これまでの小説家の展覧会のやり方は、通用しない」。森脇さんは額を並べたり、陳列台を置いたり、という展覧会の定石を踏むのはあきらめた。会場に立てた壁に映像を映し出したり、画像や文字を印刷したりする「メディアアートとしての展示に挑戦した」と説明する。

 例えば、文字映像と音声による…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら