[PR]

 福岡県鞍手町が発注した下水道事業で、最低制限価格などを不正に業者へ漏らしたとして、福岡県警は9日、同町長の徳島真次容疑者(58)=福岡市中央区薬院1丁目=ら3人を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕し、発表した。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 ほかに逮捕されたのは、いずれも北九州市の測量設計会社の「日興コンサルタント」社員の福本博文(59)=鞍手町室木=と、「太平設計」役員の池田啓幸(57)=福岡県遠賀町=の両容疑者。

 捜査2課によると、徳島容疑者は2015年7月上旬、町が発注した下水道事業の二つの実施設計の指名競争入札に絡み、公表されていなかった最低制限価格や予定価格を事前に福本、池田両容疑者と共有。同月15日に町が行った入札で、日興コンサルタントに1402万4千円、太平設計に1945万円で落札させ、公正な入札を妨害した疑いがある。いずれも最低制限価格に近い金額だったという。県警は福本容疑者が徳島容疑者に漏洩(ろうえい)を働きかけたとみている。

 徳島容疑者は、1995年から鞍手町議を2期務めた後、13年の町長選で初当選し現在2期目。福本容疑者も徳島容疑者と同じ時期に町議を務めていた。