[PR]

 9日午後6時15分ごろ、愛知県江南市付近の名鉄犬山線の江南―柏森間で、新鵜沼発豊橋行き特急列車(8両編成)が電気系統の異常を検知して緊急停止した。名鉄によると、落雷の影響で電車が動かなくなったという。約1時間25分後に乗客約190人を線路に降ろし、最寄り駅に誘導した。

 この影響で、犬山―岩倉間の上下線で約3時間20分にわたって運転を見合わせた。

 名古屋地方気象台によると、当時、江南市付近には局地的な大雨を降らせる雲がかかっていたという。