[PR]

 日本環境感染学会は10日、西日本を襲った豪雨の被災地で注意すべき衛生面の対策をまとめて公表した。暑い時期は食中毒のリスクが高くなるほか、水害で流入した泥水は下水や家畜のふん尿、普段は地中深くにいる細菌を含んでいる。学会担当者は「片付け作業の際には感染症に注意をしてほしい」と呼びかけている。

 学会がまとめた対策によると、食中毒を防ぐため、暑い所に長時間おかれた食事や中まで火が通っていない肉などは食べるのを控える。食事前には手をせっけんと流水で洗い、アルコールで消毒する。避難所で急性胃腸炎の感染拡大を防ぐため、タオルの貸し借りは避ける。

 西日本はマダニにかまれて感染する重症熱性血小板減少症候群や、蚊に刺されてかかる日本脳炎の患者が多い。肌の露出を減らし、虫よけスプレーを使う。

 片付け中にけがをすると、傷口から土の中にいる破傷風菌に感染する恐れがある。口が開けにくくなるなどの症状が出て、体中の筋肉が硬直して全身のけいれん発作が起きて死に至ることもある。レジオネラ症や家畜などの尿を介して広がるレプトスピラ症の原因菌も土や川にいて、菌を吸い込んだり、触れたりすると感染する。発熱や筋肉痛などの症状が出る。

 家を片付ける時は、厚手のゴム手袋とゴム長靴、マスクを着用し、ゴーグルがある場合は目も保護して作業する。床や壁、調理台などは水と洗剤で洗い流し、泥などを取り除く。衣類、布類は80度以上の熱水に10分以上つけた後に洗濯し、乾燥させる。

 消毒は泥や汚れを取り除き、乾かした後で行う。家庭用塩素系漂白剤など市販の消毒液は濃度が様々で、使用上の注意に従って使う。消毒液が肌についた場合は大量の水で十分に洗い流す。噴霧タイプの消毒液は吸い込んでしまう恐れがあるので避ける。

 対策は、学会のホームページ(http://www.kankyokansen.org/別ウインドウで開きます)に掲載されている。(水戸部六美)

避難所に住民集中、酷暑リスクも

 「熱中症なのかなあ」

 岡山県倉敷市の真備(まび)町地区。10日、避難所となっている市立岡田小学校の体育館で横になっていた妻(77)のそばで、金子繁造さん(80)がつぶやいた。妻は朝から頭痛。冷たいペットボトルをおでこにあて、静かに休んでいた。この日の倉敷市は最高気温が32・8度と、今年最高を記録した。

 岡田小に派遣された医師によると、10日だけで少なくとも5人が熱中症の症状を訴えた。県内の企業からビールケースほどの発泡スチロール箱に入った氷が20箱届けられ、さっそくペットボトルの飲料水を冷やすのに使われていた。

 真備町地区では大規模な冠水により、地区の半数近い住宅や建物が被災。被害が土砂災害のような「点」ではなく「面」であったことで、一度に多くの住民が避難者となった。

 倉敷市は真備町地区の4カ所を含め、10日時点で約20カ所の避難所を開設。避難者は真備町地区の約2200人を含め、計約2500人にのぼっている。

 地区の市立薗小学校には10日、クーラーが設置された。これまで「暑くて夜も寝られない」との声が上がっていた。

 一時800人を数えた避難者はほかの避難所に移るなどして約300人に減ったものの、当初は「トイレ問題」も起きていた。7日午前に断水が発生。屋内のトイレを使った後はポリ袋にトイレットペーパーを入れてごみ箱に捨て、便器内はあらかじめプールからくんでおいたバケツの水で流すことを余儀なくされた。

 その後、屋外にはテントで人目に触れないようにした簡易トイレが設置されたが、たまった汚物袋をごみ箱に捨てなければいけないため、「不人気だった」と市の担当者。トイレ周辺は悪臭が漂っていたが、10日夕に小学校の水道が復旧。再び使えるようになった。

 伊東香織・倉敷市長は10日夜、避難所の対応について「暑さ対策の支援物資も呼びかけたい」と述べた。

広島で避難中の80代死亡

 土砂崩れなどで12人が死亡した広島県東広島市。約20人が避難している同市安芸津(あきつ)町の安芸津文化福祉センターでは8日夜、80代の女性が病院に搬送され、亡くなった。夕食後横になっていた女性が息をしていないのに周囲の人が気づき、通報した。同センターではクーラーを備え、飲料水も常備して熱中症対策を取っていたという。

 県内の各地の避難所では、避難者の健康状態を守るための取り組みが進められている。10日夕に約40人が避難している同市黒瀬町の黒瀬保健福祉センターでは、入り口前に「ホースで泥を落として入ってください」との看板がある。衛生面での配慮のためだ。また高齢者が多いため、保健師が常駐し、血圧のチェックや声かけを実施している。

 地元企業などから保存食や飲料水の提供を受けているほか、11日以降には畳数十枚が届く予定だ。運営を担当する同市の男性職員は「被害が大きく、滞在が長くなる方が多いと思う。少しでも快適に過ごしていただきたい」と話した。

 広島県では約4300人(10日午後1時45分時点の総務省消防庁のまとめ)が避難している。

 自宅庭が濁流にのまれ、同センターに避難した川崎猛さん(78)は「クーラーもあるし、炊き出しもしてもらえる。恵まれていると思うが、自宅での生活にいつ戻れるか考えると不安」と話した。

 安倍晋三首相は10日、官邸での豪雨非常災害対策本部会議で、「暑さが厳しさをますなか、多くの方々が肉体的にも、精神的にも困難な避難生活を余儀なくされている」とし、緊急時に必要な物資などの調達を進めていると述べた。