[PR]

 テニスのウィンブルドン選手権第7日の9日、男子シングルス4回戦で第24シードの錦織圭(日清食品)は世界ランキング138位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4―6、7―6、7―6、6―1で破り、この種目の日本勢で1995年の松岡修造以来となる自身初のベスト8入りを果たした。これで4大大会のすべてで8強入りを達成し、これは伊達公子以来、日本人史上2人目で、男子は初めて。

 準々決勝では、12連敗中の元世界1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

 2連覇を狙うロジャー・フェデラー(スイス)、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)も順当に8強入り。女子シングルスは8度目の優勝を狙うセリーナ・ウィリアムズ(米)らが準々決勝に進出した。

松岡修造さん「目指すは頂点のみ」

 「錦織選手はウィンブルドンに対して苦手意識を持っていたが、僕はリズムが合えば、誰にもできない芝でのテニスができる、と言い続けてきた。そのテニスがやっとやってきた。芝を自分の庭のように制した。しかし、まだ夢は続いている。思い切り暴れてくれ。目指すのはただ一つ、頂点のみだ」

こんなニュースも